このブログをご覧の方はご存知の通り、当ブログではGoogle Adsenseによる広告の掲載を行なっています。 Google Adsense で広告を掲載するには審査が必要なのですが、審査に落ちる方も珍しくないらしく、「Google Adsense 審査 基準」とググると様々な情報が出てきます。
例えば、「何記事以上」とか「サイトマップ」、「一記事当たりの文字数」、とか色々出てきます。

これは参考にはなれど、必ずしもそのような基準で選ばれるとは限らないと思います。


Google Adsense の審査

このブログのドメインは僕のホームページに使用しているドメインのサブドメインです。〈https://blog.kanoe.studdio〉

独自ドメインは僕のホームページに使用しています。〈https://kanoe.studio〉

Google Adsense の審査はサブドメインは使えません。このため、私は〈https://kanoe.studio〉で申請を出しました。
さて、私のホームページを見たらお分かりの通りブログサイトでもないただのホームページで、コンテンツ量はかなり少ないです。
主要なページは3つ。”Home”と”Contents”と”Music”だけ。”blog”にはこのブログのアドレスを貼っていましたが、Google Adsense の審査に通った後に別途でこのアドレスを登録する必要があったため、おそらく審査対象外かと思われます。(どちらにせよ審査時には記事数10も無かった)

この圧倒的コンテンツ量の少なさでも審査通ってしまったのです。
もちろんこのホームペーシにはサイトマップすらありません。

もしかしたらBlogではないから別の基準で審査されたのかもしれませんね。


審査前にやっておいたこと

一応参考程度に審査前にしていたことを紹介しておきます。

  • Google Serch Console に登録済み。
  • Google Analytics に登録済み。
  • ホームページは約3/4年間独自ドメインで維持している。

以上、これだけ。

後記

元々はサブドメインでGoogle Adsenseを使いたかったので審査に出しましたが、あとあと調べると、審査の時だけドメインを逆に(ブログの方を普通のドメイン、ホームページの方をサブドメインに)しておく技もあるみたいです。
Twitter で「グーグルアドセンス 落ちた」って検索すると意外と落ちた方いるんだなって思いました。審査に落ちた理由までツイートしている方もいらっしゃるのですが、それ見ると余計自分がなんで通ったんだろう…って思えてきます。本当になんでだろう…。